ダイエット 脳

ダイエットと脳の関係とは

ダイエットと脳の関係ですが、一見なさそうに見えますが、実は深い繋がりがあるのです。

 

脳にはいわゆる太る脳と、痩せる脳があるらしいのです。

 

どうせなら痩せる脳になりたいですよね。

 

筆者もそう思う一人です。痩せる脳になるには、イメージが大事だそうで、憧れの女優さんの全体像を目につくところに貼るとか、携帯電話の待ち受けにするなど、常に憧れの人をイメージすることが大事になってきます。

 

そうすればダイエットのモチベーションもあがりますし、脳に良い刺激を与えてくれます。

 

筆者の友人もその方法を大学時代に実践していました。

 

また、インターネットのサイトでは、無料でダイエット能診断をしてくれるところもあります。

 

ダイエット診断で40問の質問に答えると、自分の6カ月後の体重が分かるというものです。

 

筆者は時間がない為、やっていませんが、時間があって暇な方はやってみてはいかがでしょうか。

 

結構楽しいと思います。

 

ダイエットがどうしてもうまくいかないという人は、脳内にあるセロトニンという物質が原因かもしれません。

 

結論から言うと、このセロトニンが増えれば、ダイエットがうまくいくということです。

 

ではどうやって脳内物質、セロトニンを増やすことができるのでしょう。

 

一つが、首のストレッチです。

 

首を回すことによって脳が活性化され、セロトニンが増えるというわけです。

 

また、首を動かすことによってリラックス効果も得られます。

 

また、夜寝る前にホットミルクを飲むのもセロトニンの増加に効果的です。

 

筆者は今まで牛乳はカロリーが高いから飲まないようにしていたのですが、セロトニンが増えるのであれば試してみたいところです。

 

今夜から寝る前にホットミルク飲みます。

 

さらにセロトニンを増やすには、よく噛んで食べることが大切です。

 

よく噛むことによって満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

筆者はせっかちな為、つい10分くらいで食べ終わってしまいます。

 

本当は20分以上かけて食べるのが良いそうです。

 

ダイエットの為にも、これからはゆっくりよく噛んで食べたいと思います。

 

>>安全なゼニカルの正規品はこちらを確認<<